解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識

解体工事の見積を取得して見て、思ったより高いと感じたならば、家本体の解体費用以外の付帯工事がどの程度になっているかを考えてみてください。

解体工事において、家本体の解体工事はおよそ坪単価で2.5万円~4万円に収まるのが普通ですが、トータルで見ると坪単価5万円~6万円になるケースも少なからずあります。

そういったケースのほとんどは、付帯工事の値段がかなりの金額をしめていて工事金額全体を底上げしています。

それでは、解体工事の付帯工事とはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは、庭木や庭石といった庭に関する撤去工事です。

土地の広い建物であればある程、庭も立派で、植木がたくさん植えられていることが多いようです。

当然これらの撤去は家本体の解体工事とは別途の付帯工事ということになります。

次にガレージや物置の解体工事です。

特にガレージには厚めのコンクリートが打ってあることが多く、解体費用がその分かさむことになります。

それから、これは付帯工事と良いのかどうか分かりませんが、家具や家電などの生活用品の処分費があります。

ゴミの処分費は意外に高いということを知らない人が多いようですが、これが結構バカにならない金額になります。

およそ4tダンプ1台あたり8万円程度の処分費がかかります。

産廃として処理するよりも、各自治体に個人的に依頼して処分した方がかなりやすくなる場合もありますので、面倒くさがらずに自分で処分できるものは自分で処分した方が得策です。

以上のように、解体工事には付帯工事の形で、建物そのものの解体費用のほかに別途費用がかかるという点を念頭に置いて、見積を比較検討して見てください。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る