解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識

解体工事の見積を取得するにあたって、同じ坪数であれば2階建てよりも平屋の方が安くできると思いがちです。

平屋の方がなんとなく壊しやすいイメージがあるので、そう感じるのだと思います。

しかし、実際には2階建てよりも平屋の方が解体費が割高になるケースが多いようです。

なぜでしょうか?

分かりやすく、1階と2階が同じ床面積の総2階と、平屋の家を例にしてくらべてみましょう。

この場合、床面積がまったく同じ大きさであるとすれば、単純に屋根の面積と基礎の面積は、総2階にくらべて平屋の方が2倍の大きさになります。

そうなりますと、それらを壊す手間が2倍になりますし、瓦などの屋根材や基礎を壊したあとのガラの処分費も単純に倍になります。

また、古民家風の古い家に多いのですが、平屋といえども屋根がやたら大きい家があります。

最近の2階建てと家の高さがほとんど変わらないケースもあります。

その場合、床面積は同じなのに、平屋の方が家全体の大きさは圧倒的に大きくなります。

そうなりますと、当然ですがそれらを壊す手間賃がその分割高になりますし、家の躯体そのものが大きいのですから、壊したあとの廃材も大量に出ます。

つまり、産業廃棄物の処分費が多くかかるということになります。

こういった理由により、同じ床面積の解体工事でも、2階建てよりも平屋の方が工事代金が高くなるケースが多いのです。

また、同様の理由により家を建てる時も、同じ床面積であれば一般に2階建てよりも平屋の方が高くなります。

当然建築するにあたって広い土地も必要になりますから、平屋というのは建築から解体まで、ある意味贅沢な建物ということになります。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る