解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識

一般に解体工事の費用の内訳として、大まかに人件費と廃材の処分費に大別されます。

これらは、解体工事をするうえで、どうしても費用として発生してしまいます。

廃材の処分費に工事費全体の30%以上かかることも多いですので、そのことが不法投棄を誘発する原因ともなっています。

では、解体工事をする際に費用が発生するのではなく、逆にお金が入ってくるケースがあるとしたらどうでしょう?

そんなうまい話があるわけない、と思うかも知れませんが、そんなうまい話があるのです。

ただし、これは鉄骨の建物など建物の躯体に鉄を使っている場合に限っての話になります。

ご存知の方も多いと思いますが、実は鉄スラップは売れるのです。

鉄スクラップ相場は毎月変わりますが、最近は1トンあたり2万円前後で推移しているようです。

解体した建物から鉄スクラップが多く出れば出るほど、当然ですが売却による受取額が多くなります。

鉄骨の解体工事を予定されている方は、このことを念頭に置いて解体工事の見積を検討して見てください。

悪徳業者になると、施主にそういった知識がないのをいいことに、鉄スクラップの売却代金を工事代金から差し引かずに、まるまる自分の儲けとしてしまう場合もあります。

鉄骨の解体工事に限りませんが、解体工事を行う際には、安心して工事をまかせられる優良業者を見極めることが大切なポイントとなります。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る