解体工事基礎知識その2

解体工事は思ったよりも高額になることが多いです。

家本体そのものを壊す料金の他に、付帯工事費として、植木や庭石の撤去費、古井戸や駐車場の撤去費、あるいは家の中にある家具などの残置物の処分費などがかかってきます。

家屋本体の解体費用と付帯工事の費用を合わせると、規模にもよりますが新車1台分の見積金額になることも少なくありません。

新車を購入する際は、一般的にローンを組みます。

よほど金銭的に余裕のある人以外現金で車を買うことはないのでしょうか?

では、解体工事の場合はどうでしょうか?

建て替えのための解体工事でしたら、新築する家屋の住宅ローンに含めてしまうなどということもあるでしょうが、それ以外の場合は基本的に解体業者への支払いは現金となります。

現金を支払うタイミングは解体業者によってまちまちです。

工事前に、前金として3分の1を支払うケース、2分の1を支払うケース、3分の2を支払うケース、全額工事完了後でいいケース。

いずれにしましても、工事が完了した時点で、付帯工事を含めた工事代金を100%支払わなければなりません。

銀行などに借り入れに行っても、解体の場合、車や新築の住宅のように担保となるものがないので借り入れに成功するのは難しいようです。

高額な支払いが生じるのに、いまどき現金一括での決済を求められるという点で、解体工事はかなり特殊な感じがします。

解体無料見積ナビでは、利用者へのサービスの一環として、安心で低金利の銀行系カードローンのご紹介をしています。

もちろん、手数料等は一切かかりませんので、お気軽にご相談ください。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る