解体工事基礎知識その2

解体工事の追加工事としては様々なものがありますが、最も多いのが家屋を解体した後に、地面からコンクリートガラなどの予期せぬものが出現するというケースです。

これらの多くは、悪質な解体業者が地主に内緒で廃材を地面に埋設してしまったという場合がほとんどです。

施主さんにしてみれば、まさに青天の霹靂といったところでしょう。

コンクリートガラ程度であれば、よほど大量でなければ追加工事としての見積金額もそんなに大きな数字にはなりませんが、実は業者も施主もびっくりするようなものが地面から出現することがあります。

びっくりするような埋設物って、いったい何でしょうか?

それは、なんと地下室です。

施主が古い家付きの土地を買って、その後更地にして家を新築しようとする際に、しっかりと事前に下調べをしておかないとこのようなことが起こり得ます。

施主にとっても、追加工事としてとんでもない金額の請求を解体業者より受けることになりますし、解体業者にとっても、地下室があることを知らされずにそのまま解体して、うっかり重機が転落して大事故につながるということも十分に考えられます。

安い買い物だと思った不動産が、実は思わぬ高い買い物になってしまったなどということのないように、古い家付きの土地を買って更地にする計画の方は、事前にしっかりと図面を確認したり、実際に家の中に入って隅々までチェックすることを忘れないようにしましょう。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る