解体工事基礎知識その2

最近解体業者が倒産したという話をよく耳にするようになりました。

建設業界自体が慢性的な不況なのに加えて、解体工事業の場合、一部の悪徳業者による格安見積の影響を少なからず受けているのだと思います。

ゴミを正式に処分せずに不法投棄してしまうのですから、安い見積金額になるのは当たり前ですし、まともな業者がそんな業者と勝負しても絶対に勝てるはずもありません。

施主さんも、不当に安い業者には絶対に発注しないという強い意識をもってもらうことと(業者が不法投棄すると施主も法的責任を問われます)行政にもっと厳しい取り締まりをしてほしいと思います。

不法投棄をする悪徳業者が生き残り、優良業者が倒産してしまうようでは、解体工事業界の先行きが思いやられます。

ちなみに、解体工事の発注という観点から業者の倒産を考えてみますと、これは十分に注意をしなければなりません。

解体工事の場合、ほとんどの場合は現金決済で、前金として工事の前に何割かを支払うケースが多いようです。

仮に、あなたが工事代金の前金として解体業者に何割かを支払ったとして、 その後工事の着工前に解体業者が倒産してしまったらどうなるでしょうか?
結論からいいますと、その支払った前金を取り戻すことは困難だと思われます。

事前に倒産することが分かっていて、意図的にお金を前払いさせたのであれば詐欺罪になるでしょうが、なかなか立証は難しいでしょう。

仮に詐欺罪が成立したとしても、刑事と民事は別ですから、そもそも会社に資産残っていなければ、結局お金は返ってこないということになります。

解体工事を発注する際は、会社の財務状況まできちんと調べておいた方が無難かも知れません。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る