解体工事基礎知識その3

実際に家を解体することになった場合、解体業者からまず見積もりを取ります。

しかし、1社だけの見積だと高いのか安いのかが判断出来ないので、複数の業者から見積を取得することになります。

これを一般に相見積もりといいます。

解体工事は結構な金額になりますから、施主さんにしてみれば少しでも費用をおさえたいと思うのは当然のことですし、悪徳業者に不当に高額な工事代金を巻き上げられないためにも複数の業者の見積を取得することは正解です。

しかし、相見積そのものが正解とはいえ、業者は一般的に嫌がります。

工事が受注できるかどうか分からないのに見積もりをさせられるわけですから、当然です。

無料見積もりといっても、実際には大変な手間がかかりますし、人的なコスト発生しています。

しかし、まず見積もりを出さないことには絶対に受注できないので、仕方なしに業者は相見積もりに応じることになります。

そういった業者の心情を分かっているのか分かっていないのか、単なる当て馬として相見積もりをとるお客様がいます。

当て馬というのは、すでに発注する業者が決まっていて、その業者の値段を下げさせるためだけに他の業者に見積もりをさせることを言います。

当て馬にされた業者はたまりませんね。

絶対に自分のところが受注できないのに、見積もりだけ、タダでやらされるわけですから。

「解体無料見積ナビ」でも、基本的に当て馬目的の見積依頼はお断りしています。

見積を複数取得する際は、1件1件業者が一生懸命作成してくれた見積もりを大切にし、すべての業者に平等にチャンスを与えていただきたいと思います。

無料で見積もりを取る以上、それが最低限のモラルだと思います。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る