解体工事基礎知識その3

お客様から、解体工事の見積金額があまりにも高いので見てもらえませんか?というお電話をいただきまた。

火事の現場だったようですが、見積を拝見すると500万円近い金額です。

一目見て高いと感じましたが、残念ながらこのお客様はすでに解体工事を終えてしまったとのことです。

解体無料見積ナビは、解体工事でお困りの方のお手伝いをするサイトですが、すでに工事を終えてしまった案件に関してはどうする事も出来ません。

見積の日付を確認しますと、解体する前に事前に出された見積のようですし、結果的にはその金額に合意のうえで工事を行ったということになってしまいます。

これまでも、何度も繰り返し書いてきましたが、明らかに高すぎる見積もりや安すぎる見積を受け取ったならば、まず解体無料見積ナビのスタッフまでご相談下さい。

また、相場そのものの見当がつかないために、高いのか安いのかさえ判断出来ない場合がほとんどかと思いますので、まずはプロに見積を見てもらうのが一番です。

特に火事の場合の見積は要注意です。

その地域によって火災残骸処理費用補助金の交付がある場合もありますし、ゴミの処分費も地域によってまちまちです。

また、業者によっては火事の見積だということで相当に高い見積を出してくるケースもあります。

もともと、火事の現場はゴミの分別が出来ないために産廃の処分費が高額になるために、工事代金はかなり高めになることが多いです。

しかし、そうは言っても限度というものがあります。

ある火事の現場の見積を3社の業者から取ったら、それぞれ200万円、400万円、800万円などという倍々の金額で見積が出てきたという嘘のような本当の話もあります。

火事ということで施主さんもパニックになられていることが多いのですが、ここはあわてずに、複数の解体業者から見積を取って、適正価格の業者を選んでいただきたいと思います。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る