解体工事基礎知識その3

インターネットの発達とともに、解体業者を探す手段もタウンページからホームページへと変化してきています。

インターネットで検索すると、本当に様々な解体業者のホームページが出てきます。

中には一風変わったサイトもちらほらあります。

たとえば、解体工事をご成約のお客様にもれなく3万円の商品券をプレゼントします、などというサイトもあります。

不景気なご時世ですから、確かに3万円は大金です。

3万円の商品券をいただけるなら、とそこに発注する人もいるかも知れません。

でも、よく考えてみてください。

建物の規模にもよりますが、解体工事はかなりの金額の工事となります。

30坪程度の解体工事だと100万円程度の金額にはなります。

100万円の支払いに対して、はたして3万円の商品券に魅力があるかどうかということです。

実は解体工事には定価というものがありませんので、解体業者の腹一つでいくらでも金額が調整出来てしまいます。

提出する見積にその3万円を上乗せしてもまず気がつきません。

これが、10万円の買い物なら話は別です。

10万円の商品に3万円上乗せしたら、明らかに高いと感じるはずです。

そもそも、3万円の商品券をもらうならば、工事代金から3万円負けてもらった方がよさそうです。

実際に、予算が厳しくて、解体業者にその旨相談したりすると、場合によっては5万円~10万円程度値引きしてくれることもあります。

定価というものがない請負工事だからこそ、そのようなことが出来てしまうわけです。

また、2~3社見積を取って比較することで、さらに安い解体業者が見つかるかも知れません。

解体工事の場合、不法投棄の問題などもあり、安ければいいというものではありませんが、プレゼントに惹かれて申し込むよりは、相見積を取って客観的に適正価格を判断した方がお得になるような気がします。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る