解体工事基礎知識その4

あるお客様より、急ぎで解体工事をお願いしたいという依頼がありました。

遠方のお客様で、直接立ち会えないので業者さんに勝手に身に行ってもらって見積もりを出してほしいとのことでした。

見積もりが出たらすぐにでも解体工事を進めたいようなお話でしたので、何か理由があるのかを詳しくお聞きしました。

すると、すでにある解体業者に工事を依頼し、ご近所の挨拶回りまで一緒にしたというのです。

しかし、その後その業者の方からは何の連絡もなく、困った挙句に協会の方に相談して下さったようです。

そういったお話を伺ってしまいますと、さすがに協会としましても、すぐに加盟業者に見積もりを出させます、というわけにはいきません。

なぜなら、すでにお客様がいらしてしまった解体業者との契約はそのまま有効になっているはずですし、仮に協会から紹介した加盟業者がそのお客様と契約した場合、二重契約となってしまいその後トラブルになる可能性があります。

お急ぎのお客様には、大変申し訳なかったのですが、まず先に契約した解体業者に連絡をとってもらい、契約の破棄をお願いしました。

結果的には、その業者に契約破棄に納得していただき、新たに協会から業者を紹介する運びとなりました。

ご近所に挨拶回りまでして、そのまま放置してしまった解体業者もひどいですが、お客様にも、まずはあわてずに契約済みの業者に状況を確認したうえで、冷静な判断をしていただきたいと思います。

契約書というのは一度ハンコを押してしまうと、かなりの法的拘束力がありますので要注意です。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る