解体工事基礎知識その4

「工務店からもらった見積もりの方が、解体業者より直接取った見積よりも安いのですが...」

最近、このようなお問い合わせをいただくことがあります。

家の建て替えで、解体後に新築をお願いする予定の工務店さんに解体工事の見積も含みでお願いした場合、確かにかなり割安な解体工事の見積もりが出てくることがあるようです。

一般に工務店が、解体工事を行う場合、解体業者を下請けとして使う場合が多いので、その分経費が上乗せされますので、当然見積もりとしては高くなるはずです。

それなのに、なぜ工務店経由の方が安くなるのでしょうか?

ここに工務店独自の見積のマジックがあります。

たとえば、家を新築する費用が2000万円だとします。

そして、解体工事の費用が100万円だとします。

この100万円の解体費用に工務店の経費を30万円乗せた場合、解体工事の費用としては130万円ということになります。

そうなりますと、新築の費用が2000万円で解体の費用が130万円ですから、トータルの金額は2130万円となります。

お客様は、このトータルの金額で判断しますので、そこをうまく利用して見積を操作するわけです。

たとえば、解体工事の金額を90万円とし、新築の費用を2040万円として見積を作成しますと、トータル金額は2130万円です。

トータル金額は同じなのに、一見解体工事がものすごく割安に感じます。

これが、解体業者から直接見積を取った場合よりも、工務店に一括で発注した場合の方が、解体工事の金額が安くなるケースの種明かしです。

本来なら、新築の費用は2000万円ですので、解体業者に直接発注して100万円の見積が出ても、トータルで2100万円となり、30万円お得ということになります。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る