解体工事基礎知識その4

最近の解体業者さんは土日休みのところが結構あるようだ、というお話を聞いて少しびっくりしました。

職人さんの世界は日給月給ですから、仕事をした日数に応じてその月の収入が決まります。

サラリーマンのように、土日祝日休みで毎月の給料は変わらないといった世界とは別の世界であると思っていました。

施主さんに「土日も仕事をさせてくれ」とお願いするのが、職人の世界の常識だったとずっと思っていました。

いよいよ、職人さんのライフスタイルもサラリーマン化してしまったのか、と思ったのですが、実は別のところに理由があるようです。

解体工事というのは、どうしても振動や騒音が発生しがちです。

そのため、他の業種にくらべて、ご近所さんより苦情をもらいやすい業種でもあります。

最近は、週休2日制が定着していますので、ご近所さんも基本的には土日祝日には在宅していることになります。

そうなりますと、平日にくらべてご近所さんが在宅している分苦情も入りやすくなります。

休みの日にのんびりテレビのみようか、という時に、近所から重機の音がすれば誰でも気になってしまいます。

そのために、あえてご近所さんが在宅している日時に工事を避けるのが日常化して、結果的に職人さんの世界でありながら、解体工事業者の間では週休2日が定着してしまったようです。

週休2日の背景に、自分たちの目先の収入よりも、ご近所さんへの配慮があるということを知り、あらためてこの解体工事の業界を惚れ直しました。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る