解体工事基礎知識その5

「だいたいの概算でいいから解体工事の値段を教えてくれませんか?」

そのようなお問い合わせをよくいただきますが、実は解体工事の場合概算で金額を伝えるのは非常に難しい面があります。

単純に坪数に単価をかけて金額を出すことは出来ますが、ほんの参考程度にしかならないとても見積とは呼べない代物となってしまいます。

なぜ、家の面積だけで解体工事のおおよその金額を出すことが出来ないのでしょうか?

まず一番目の理由として、現地の状況によっては敷地が狭くて重機を使えなかったり、家の前の道幅が狭くてトラックが入れなかったり、隣の家との隙間がほとんどなくて慎重に解体せざるを得ないなど、現地の状況次第で金額が大きく変わってしまうからです。

重機が使えなくて手壊しになってしまうと、5割増し以上の金額になってしまいますし、トラックが入れずに廃材を人力でトラックがある場所まで運んだりというような現場ですと、人件費が相当かさむことになります。

また、家の解体費用とは別に、付帯工事の問題もあります。

付帯工事とは、建物以外の門塀や植木、物置の撤去、隣の家が近い場合の養生、家の中に残した残置物の処分などがあります。

単に家の面積を聞いただけでは、これらの付帯工事の金額を出すことは出来ません。

これらの理由から、解体工事の概算見積というものがとても難しいということがお分かりになっていただけると思います。

当協会では、概算の解体金額を知りたい方にもアドバイスをさし上げていますが、その際はなるべく状況等を詳しく教えていただければと思います。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る