解体工事基礎知識その5

解体工事の見積を依頼されてから、実際に工事に取り掛かるまでの期間は、お客様によってまちまちですが、解体工事の目的によって、ある一定のパターンがあるようです。

建替え目的のお客様は、見積依頼から実際に解体工事を開始するまでの期間が短い傾向にあります。

1ヶ月以内にお願いした、などというお問い合わせもよくいただきます。

しかし、解体工事を開始する2週間前までに申請をしなければなりませんので、1ヶ月以内に解体を終えるというのは工期的には非常に厳しいものとなります。

一方、更地にすることを目的のお客様は、それほど急ぎません。

「土地が売れたら解体するよ」とか、「お金の都合がついたら解体するよ」などといったまったく工期が読めないものもザラにあります。

半年以上過ぎてから、いよいよ解体することになったのでお願いするよ、などといった連絡をいただくこともよくあります。

ここで注意しなければならないのが、見積もりの有効期限です。

解体工事の見積金額は時期によって変わることがありますので、大抵の解体業者さんは3ヶ月程度の見積有効期限を設けています。

あまりのんびりしすぎて、当初の見積金額で工事が出来なくなってしまった、などということのないように注意して下さい。

また、期限切れで何度も再見積を依頼するというのも業者さんは嫌がりますので、なるべく工事の実施時期がはっきりした時点で見積依頼をするのが賢いと思います。

解体工事基礎知識・産廃に関する豆知識 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る