解体工事関連NEWS

yunbo_genba700_150

1971年の建設業法改正以来43年ぶり

 
現在ある、土木、大工、左官工事業など建設業法の28業種区分に、「解体工事業」を新設する方針を国交省の有識者会合に提示しました

解体工事について「施工管理不備による事故が多発している」として、工事の安全確保のために「可能な限り早期に新設するのが妥当」だとしてます。

改正の目的は工事の安全確保

 
解体は結局のところ壊すだけですから、誰でもできる作業です。本来は分離解体をして、建設リサイクル法を順守し、リサイクルしなくてはなりません。しかし、違法を承知で不法投棄する業者が後を絶たない事や、施工管理が不十分な為事故につながるケースが多いそうです。
 

この度の改正の目的は、解体業をきちんと業種として区分することで、安全な工事の実行を目的にしています。

業種区分されることで、許可制になる可能性があり、解体工事業の透明性を図ることに貢献できるでしょう。

解体無料見積もりナビが目指す、解体工事を安全により安くを国が後押ししてくれているようです。

当社加盟業者は、建設許可を持った安心できる業者ばかりです。工事に不安がある方はぜひ一度ご連絡ください。工事完了まで私たちがフルサポート致します。

解体工事関連NEWS TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る