解体工事の資格について

解体工事の資格について

解体工事に携わる者の技術者としての実力を証明するために、「解体工事施工技士」という資格があります。

(社)全国解体工事業団体連合会が平成5年に創設した資格制度です。

第1回から第17回までの合格者の合計は14,348名となっています。

受験資格は解体工事実務経験8年以上(学歴・指定学科によって短縮)となっています。

受験科目は、土木・建築の基礎知識、解体工法・機器、施工計画、安全管理、環境保全、廃棄物処理、関連法規、その他となっており、幅広い知識が問われる試験となっています。

有資格者は、解体工事業登録時に必要な技術管理者の要件を満たすことが出来ます。

解体工事施工技士の受験資格と出題範囲はこちら

解体工事施工技士の受験申し込みはこちら

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る