解体工事の見積事例解説

  • 建物の概要

建物の大きさ:27坪
建物の階数:2階建て
家の構造:木造在来工法
屋根の構造:瓦
重機やトラック:入れる
その他の撤去物:樹木、駐車場コンクリート、カーポート、ブロック塀
残置物:あり

  • 見積金額

A社 建物本体¥956,000+付帯工事¥464,000=合計¥1,420,000
B社 建物本体¥817,000+付帯工事¥353,000=合計¥1,170,000
C社 建物本体¥880,000+付帯工事¥270,000=合計¥1,150,000


今回は、家本体の解体料金にはそれほどの差が出ませんでしたが、付帯工事の見方で多少金額に開きが出てしまったようです。

特に、養生壁の考え方は各業者さんによって違ってきたりします。

きちっと3方を囲う前提で見積もりを作成する業者さんもあれば、2方だけ見積に計上して、近隣との話し合いの結果必要であれば3方にするという業者さんもいます。

この辺は、事前に業者さんに確認を取って、あとから追加見積が発生しないようにしましょう。

また、業者さんによっては、見積上は2方になっていても、万が一3方が必要になった場合にはサービスで追加設置してくれるケースもあるようです。

あと、残置物の処分費なども、各業者さんが取引している処分場によって値段がまちまちだったりしますので、あまりにも残置物が多いケースですと、それだけで値段に大きな開きが出る場合もあります。

残置物の処分費の目安としましては、4tトラック1台あたり8万円程度と考えていただければいいと思います。

また、すべてを解体業者に依頼するよりも、お客様自身で処分した方が安上がりになるものもありますので、その辺も事前に解体業者に確認しておく方がいいでしょう。

解体工事の見積事例解説 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る