お役立ち情報

解体業者に頼まずに、自身の手で解体工事にチャレンジされる方も中にはおられるようです。

しかし当然のことながら、解体業者さんがやってくれるあらゆる作業を自分でやらなければならないので、想像の何倍も苦労する場合が多いようです。

まずは各役所への届け出の類。

解体工事は建設リサイクル法によって様々な規定がされていますが、そのような法律があることすら知らずに自分で解体をしようとする方が実際にいます。

さらに、シートや足場等の専門的な機材も必要となります。

さらに、解体する壁、床等の素材により、廃材の処分方法が異なってきますのでこれらの知識も不可欠です。

産業廃棄物の処分方法も、熟知しておかなければ大変なことになりますし、一歩間違えば犯罪になります。

また、産廃を受け付けてくれる中間処理場も、取引のないお客の受け入れは嫌がりますし、料金も高額なものを提示されることが多いようです。

これら全ての問題をクリアーしても、実際の工事で近隣から苦情がきたり、さらには嫌がらせをされる可能性も十分あります。

騒音や粉じん対策は、素人では難しいからです。

中途半端な知識で個人が解体をするならば、結果的にはお金を払ってプロの解体業者に依頼するほうが吉となるケースがほとんどのようです。

実際に、自分で解体を始めてみたものの、途中で手に負えなくなって当サイトに泣きついてきたお客様も実際におられます。

家を建てるのと違って、家を壊すのはなんとなく簡単に考えてしまいがちですが、現実はそう甘くないです。

やはり、餅は餅屋に任せるのが一番です。

解体工事でお困りのことがありましたら、お気軽に全国解体業者サポート協会までご相談下さい。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る