お役立ち情報

最近、解体工事現場の事故に関するニュースをよく耳にするようになりました。

自転車で走っていた女子高生に解体現場の養生壁が倒れて、女子高生が亡くなるという痛ましい事故もありました。

なぜこういった事故が起こるのでしょうか?

そして、解体業者の安全意識はどの程度なのでしょうか?

最近はだいぶ良くなってきていますが、一昔前の解体業者は本当にひどいものでした。

工事現場なのに、ヘルメットをかぶる習慣すらありませんでした。

高所作業をする際も、親綱を張って安全帯をするなどということもまずありませんし、屋根の上からものを投げるなんて日常茶飯事でした。

これは、会社の経営者の安全意識が薄いということが最大の原因で、会社の上層部がそういった意識でいれば、当然末端の作業員が安全について配慮するなどといことはあり得ません。

解体工事業者に限らず、一般に建設業は非常に人身事故の多い職種です。

そのため、様々な法整備がなされ、徐々に安全意識が高まりつつあります。

しかし、安全対策にはコストがかかりますし、施主からの厳しい値引き要求で安全対策に費用を回すことが出来ずに、違法承知で危険な作業を繰り返している解体業者もいます。

安ければどこでもいい、という考えの施主さんが時々いるようですが、安全対策は一切しない、不法投棄は平気でする、そんな悪徳解体業者に発注してしまう危険性が常にあるということを認識していただきたいと思います。

解体業者選びでお悩みの方は、全国解体業者サポート協会まで、お気軽にご相談ください。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る