お役立ち情報

解体工事では、機械(重機)を使った解体と、職人が手作業で解体を進めていく「手壊し」とを繰り返し使い、解体を進めていきます。

しかし、立地によっては重機の搬入が困難であったり、敷地内に重機を入れることができない、といった問題はよく起こります。

そうなると、どうしても手壊し主体で進めるしかない状況になり、結果的に施工費用が高くなってしまいます。

機械で豪快に解体を進めていくよりも、職人さんが丁寧に内部から解体していく方が割高になってしまうのは当然の話です。

中には、重機で思い出の詰まった家を解体されるのが我慢できない、という理由で、あえて割高な手壊しのみで工事をお願いする方もいます。

最近では、最新の技術を使った「静音技法」とうのも登場し、注目を集めています。

とかく工事中にクレームが起こりやすいのが解体工事です。

粉じんや、騒音に関するクレームはよくあります。

その対処法として、まず着工前に必ず近隣住民には挨拶しておくことと、解体工事業者さんともしっかりと相談し、警備員をつけてもらったり、または静音技法での工事をお願いしてみたりと、臨機応変に工事が滞りなく進むようにしましょう。

解体工事自体の施工方法も指定できる場合があるので、しっかりと解体工事業者さんの説明を聞き、あなたが一番いいと思う解体方法を選んでください。

解らないことをうやむやにして話を進めないようにしましょう。

解体業者さんに聞きにくいようなことがあれば、全国解体業者サポート協会のフリーダイヤルまでお気軽にご相談下さい。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る