お役立ち情報

家を新しく建て替える際、解体工事を依頼するには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、家を建ててくれる業者にそのまま解体もお願いする方法です。

これを一括発注といいます。

もう一つは、家を建ててくれる業者とは別の解体工事業者に別個でお願いする方法です。

こちらは分離発注といいます。

この二つの方法は、一概にどちらがいいとは言えないのですが、値段だけで見れば、分離発注(別個でお願いする方法)の方が安くなります。

理由は、当然安い業者を自分で選別できるから、ということもありますし、建て替えを行う工務店やハウスメーカーにそのまま解体もお願いする場合、ほとんどのケースで2~3割増しの金額を取られるのからです。

これは工務店やハウスメーカーが悪質というわけではなく、組織が大きい分経費が掛かるのと、工務店やハウスメーカーへの信頼に対して払うお金、というふうに考えるといいかも知れません。

ですが、もし自分で良い解体業者を選別できるのであれば、あえて建て替えを依頼した工務店やハウスメーカーに解体もお願いする理由はあまりありません。

契約の手間が一度で済むというメリットは確かにありますが...

また逆に、解体業者を選別する力がなく、分離発注は不安だとう方は、建て替えをする会社との信頼が築けているのなら、一括発注にしてしまっていいかと思います。

ただし、大手の有名な企業だから、といった理由だけで安易にハウスメーカー に一括発注にすることは避けたほうがいいと思います。
大手であれ、やはり商売です。

施主が直接見積を取った解体業者に対して、大手のハウスメーカーが圧力をかけてつぶしにかかる、などということも平然と行われているようです。

ほとんどの解体業者は、ハウスメーカーと付き合いがありますから、圧力をかけられると引き下がるしかありません。

こうなると、大手メーカーが本当にお客様のことを考えているのか、大いに疑問になります。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る