お役立ち情報その3

解体工事の際に気をつけるべきことの一つとして、建物にあすアスベスト材が使用されていないかどうかという問題があります。

アスベストは石綿とも呼ばれ、古くから建築素材として使用されてきました。

その理由は、熱や摩擦に強く、酸やアルカリにも耐性を持っており、さらに電気絶縁性に優れているなどの特徴があったからです。

しかし、小さな繊維となって飛散して、それが人間の肺に溜まることで健康被害が問題視されるようになりました。

肺がんや中皮種などがその代表的な症例です。

アスベストが最も多く使用されていたのが、昭和30年代から50年代にかけての鉄骨造りの建物です。

学校や一般のビルなどに使用されたケースが多く、子供などへの影響を考えて、アスベストの除去や建物そのものを解体するなどの対策がとられるようになりました。

もちろん、アスベストの除去やアスベストを含む建物の解体時は、飛散防止対策や作業員の健康に配慮が必要になりますので、専門の業者以外ではできません。

これから解体する建物にアスベストが含まれているかどうか、事前に解体業者に相談しておくようにしましょう。

もし、解体業者で判断できないようであれば、アスベスト専門の業者に調査してもらうことになります。

民間資格ではありますが「アスベスト診断士」という資格もあるようです。

アスベストの有無を曖昧にして解体工事を進めてしまうと、法に触れるばかりではなく、近隣にアスベストをまき散らすことになり大変な迷惑をかけてしまいます。

特に、鉄骨造りや鉄筋コンクリートの建物で、屋根裏などに綿のようなものが吹き付けられているようでしたら、アスベストの可能性が大ですので、必ず専門家に見てもらうようにしてください。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る