お役立ち情報その3

先日、当協会に大工さんよりお問い合わせがありました。

「いつもリフォームしてあげていた知人の家を今度解体することになったんだけど、相場はどのくらいですか?」

よく話を聞くと、その大工さんが自分で解体工事をやるらしい。

しかも、解体工事はこれまで一度もやったことがないようです。

それで、お客様に見積を出すのに相場が分からなくて当協会に問い合わせをしてきたようです。

しかし、解体工事は誰でもできるというわけではありません。

80㎡以上の建物を解体する際には、建設リサイクル法に基づき、建設業の登録か解体業の登録が必要になります。

その大工さんに、いずれかの登録をされているかどうかを尋ねましたところ、そもそもそういった法律があることも知らないようでした。

そのようなレベルですから、マニフェストに基づいて廃材を正式な手続きの元に処理をするという認識もないでしょう。

最悪、不法投棄などに発展しかねませんし、その場合発注をした施主さんにも責任が生じますので安易に考えてはいけません。

また、建物の滅失登記をする際に、解体業者からの取り壊し証明をもらう必要があるのですが、業者登録をしてないということは当然この取り壊し証明も発行してもらえず、滅失登記をする際に非常に困ることになります。

大工さんであれば解体工事くらい簡単にできるだろうと安易に考えてしまいますが、法を無視するとあとで必ずしっぺ返しを食らいますので、十分に注意をしてください。

たとえ家を建てることに関してはプロであっても、解体工事に関しては素人であり、モグリの業者であることに変わりありません。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る