お役立ち情報その3

解体工事の金額のおおよその目安が知りたいということで、概算の見積もりを希望される方がいます。

もちろん、当協会でも概算の依頼は大歓迎なのですが、実際に概算と本見積もりの違いはどこにあるのでしょうか?

一番の大きな違いは、本見積もりが実際に現場を見て状況を把握したうえで作成されるのに対して、概算は現場を見ないでお客様から頂いた情報をもとにおおよその金額算出するということです。

やはり、実際に工事をやるにあたっては、現場の状況によって作業効率が大きく変わってくることがありますし、残置物の分量なども現場を見ないことには見当が付きません。

その結果、概算というのは高めの金額になりやすいということになります。

解体業者にしてみれば、現場を見ないということは相当にリスクがありますから、リスク分を考慮して高めになってしまうのは致し方のないことだと思います。

よく、すでに見積もりを取得されているお客様から概算での見積もりをお願いされることがあります。

しかし、相見積もりの片方が現地を見たうえでの本見積もりで、片方が現地を見ないで概算でということになりますと、そもそも比較すること自体が不可能です。

なので、すでに現地を見たうえでの見積もりを取得しているお客様が相見積もりを希望した場合には、あえて現地での立会見積もりをお勧めしています。
そうしないとフェアーではありませんし、概算で見積もりを作らされる解体業者さんが気の毒です。

相見積もりを希望される場合は、すべての解体業者が同一の条件となるように気配りしてあげることが大切です。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る