お役立ち情報その3

解体工事の見積もりでよくける質問の一つに「廃材の処分費は含まれているのですか?」というものがあります。

解体工事をすれば、当然のこととして必ず廃棄物が出ます。

木材やガラス、コンクリートや鉄骨といった建築資材が大量にゴミとして出てくるのです。

結論からいってしまえば、基本的にはこうした廃棄物の処分費も解体費用の中に含まれています。

解体で出た廃材のうち、木材とコンクリート片、そしてアスファルトに関してはリサイクル資源として再生利用することになりますので、他の廃材と分別して集めなければなりません。

これは建築リサイクル法によって定められているのです。

それ以外の廃材は産業廃棄物として処理しなければなりません。

一般廃棄物として市町村が処分してはくれることはないので、建物の持ち主が費用を負担して廃棄することになります。

産業廃棄物処理業者が解体工事をしている場合には自社で処理する事になりますが、そうでない場合は解体業者が処理場に持ち込んで処分してもらうことになり、その処分料が解体工事費に含まれているということになります。
人が住まなくなって年月が経ってしまった住宅などの場合には、屋内の家具や電化製品、設備なども使えるものがないために、内部の家具や電化製品込みで処分したくなるかもしれません。

しかし、そういった残置物の処分費は産業廃棄物の処分費として解体工事の見積もりとは別途で計上されるのが一般的です。

4tトラックで何台分も請求額が上乗せされることになると、かなりの金額になることが想像できます。

相場としては、4tダンプ1台あたり8万円が目安となります。

屋内の家具や電化製品などは市町村の一般ゴミや粗大ゴミとして処分してもらえるのですから、多少手間がかかったとしても自分の手で処分してしまうほうがお得な場合もあります。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る