お役立ち情報その3

解体工事を、営む業者さんにとって、大切なことの一つに「保険」への加入があります。

解体現場での、機材の盗難や事故に対するリスク管理の意味からも、保険は大変重要な役割と意味を持っています。

保険で適用される、工事現場の範囲とは、依頼者と業者の間で締結する契約書に記載されている現場の範囲となります。

通常、解体工事の際の施工計画書に記載されている、解体現場が保険の適用現場となります。

解体工事の現場は、落下物や有害物質などの危険を伴うため、一般の通行人は立ち入り禁止となりますが、立ち入り禁止区域はロープやフェンスなどで仕切られるのが普通です。

この仕切られた区域内が保険の適用箇所です。

また、ビルやマンションなどの大掛かりな解体工事になりますと、解体業者によっては大切な工事現場での重機を保管するために倉庫などを別途、賃貸するケースもあります。

解体工事に関わる重機や工事のための資材などは、盗難にあっても保証されるように保険証書に組み入れることが可能になっています。

解体業者が保険に加入する際には、その辺りの細かなことも含めて検討すると良いと思います。

詳細については、一度保険会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。

解体工事に関わる保険に加入することは、解体業者の責任でもあり、依頼主にとっても万が一の事故などの保証にもなり安心です。

また、保険においては、どのような場合に保険が支払いの対象となり、どのような場合に対象とならないのか、加入前にしっかりと把握することが重要です。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る