お役立ち情報その3

  • 家を解体する際は付帯工事費に注意

    解体工事の見積には、家本体の解体費用の他に付帯工事費用が含まれるんのが一般的です。

  • 施主が解体業者を決定する理由

    施主が解体業者を最終的に決める理由には様々な理由があります。

  • 解体工事の見積もり取得は節度を持って

    解体工事の見積はほとんどの解体業者が無料で作成してくれますが、かといって10社以上から取りまくるのはいかがなのでしょうか?

  • 概算見積もりと相見積もりについて

    解体工事の相見積を取る際には、概算見積か本見積かどちらかに条件をそろえるようにしましょう。

  • 解体工事の駆け込み需要

    解体工事は年末に需要が多くなります。当然解体業者も忙しい時期ですの早めの対応を心がけましょう。

  • 解体中の部屋から白骨死体

    解体工事中の部屋の中から白骨死体が発見されたというニュースが放映されました。

  • 隣家の壁にご注意を

    解体工事をする前に、隣家との壁の隙間に注意してください。見積金額に大きく影響します。

  • 大工さんからの困った問い合わせ

    大工さんといえども、業者登録をしていなければ解体工事に関してはモグリの業者ということになります。

  • 解体工事費用と廃材の処分費

    家を壊した後の廃材の処分費は通常見積に含まれますが、家の中にある残置物は別途になることが多いです。

  • 重機による解体工事あれこれ

    最近の解体工事の主役である重機にスポットを当ててみました。

  • 家屋付きの土地を売却するとき

    建物付きで売却すべきか解体をして更地にしてから売却すべきか悩むケースが多いと思います。

  • 解体見積もりの値引き交渉

    解体見積はある程度は値引きしてくれる可能性がありますので、交渉(ネゴ)してみるといいでしょう。

  • 無料見積もりの本当の意味

    解体工事の見積額を知りたい場合、ほとんどの解体業者は無料で見積を作成してくれます。 しかし、解体業者はボランティア団体ではありませんので、ずっと無料見積ばかり作成していたのでは、倒産してしまいます。 解体業者が無料で見積を作成してくれる背景には 「見積をサービスで作成させていただきますので、見積金額が予算に合えばぜひ工事を発注してください」というメッセージが込められています。 無料見積を取得する人の中には、ここの部分を大きく勘違いしている人がいます。

  • 解体工事の支払いは現金一括払いだから資金調達がむずかしい

    解体工事の金額は安くても数十万円、高ければ数百万円にと高額になりますが、解体工事の資金調達は意外に難しい面があります。 家を建てる時には住宅ローンがありますので、仮に数千万円の借入であったとしても、家そのものが担保設定されるために、ある程度の収入のある方であれば借り入れをすることが出来ます。

  • 解体工事のクレームは信頼できる業者に依頼することで抑えられる

    解体工事というものは、その工事の性質上、どうしても近隣に迷惑をかけてしまうため様々な問題が起きてしまいます。 施工前にしっかりと近隣住民への挨拶回りをしていたとしても、クレームが発生するケースはあります。クレームには、解体時に発生する騒音に対するクレームや解体時の埃や臭いに対するクレームなど様々です。養生のしっかりしていない解体業者に依頼すると、瓦礫の破片、コンクリートの破片が飛んで来た、というようなクレームも発生しかねません。

  • 優良な解体業者選びのポイントは実際に会うことです

    解体工事を依頼する際に、よく優良業者を選びましょうといわれますが、そもそも優良解体業者とはいったいどのような基準で判断すればいいのでしょうか?優良解体業者の反対語は悪徳解体業者ということになりますが、実は解体工事業界は悪徳業者が非常に多いために、「優良」という意味の位置づけがやや甘くなります。

  • 不法投棄を防ぐためにはマニュフェストをしっかりチェックすることです。

    解体工事を行う際には、現場で出た廃棄物を処分する業者が適切に処理したかどうかを証明する、マニフェストが必要になります。マニフェストは別名「産業廃棄物管理票」とも呼ばれます。これは、運搬を請け負う者から、最終処理を行うまでの一連の流れを確認できる重要な書類になります。

  • 古い建物にはアスベストが使われていることが多いので事前にチェックしておくことが大切です

    解体工事の際に気をつけるべきことの一つとして、建物にあすアスベスト材が使用されていないかどうかという問題があります。アスベストは石綿とも呼ばれ、古くから建築素材として使用されてきました。

  • 鉄骨造りの住宅は鉄スクラップに売れることもあるので業者に相談してみましょう

    解体工事とひとことで言っても対象となる建物は様々です。家屋の大きさもそうですが、建材や建物の構造もまちまちです。一般住宅の場合は、ほとんどが木造住宅となります。文字通り、家の躯体が木でつくられているので木造住宅と呼ばれるのですが、木造住宅といっても様々な工法があります。

  • 解体工事の前には不要品の処分や近隣への挨拶などやることがたくさんあります

    解体工事をするためには、自分自身で事前に確認しておきたいことがたくさんあります。それは業者との契約内容もそうですし、各種手続きのほか、工事の前後でしなければいけないことなどもたくさんあります。まずは建物の中身の整理が必要です。

  • 解体工事って意外と原価が高いんです

    「解体工事ってこんなにかかるんですか?だって壊すだけでしょう?」でも、決して解体業者がぼろ儲けしているわけではないのです。実際に原価というものがある以上、原価以上の金額をお客様から頂かないことには、商売として成り立たないということになります。では、解体工事の原価について考えてみましょう。30坪の一般の木造住宅を解体する場合を例として考えてみたいと思います。

  • 解体工事の保険について

    解体工事を、営む業者さんにとって、大切なことの一つに「保険」への加入があります。解体現場での、機材の盗難や事故に対するリスク管理の意味からも、保険は大変重要な役割と意味を持っています。保険で適用される、工事現場の範囲とは、依頼者と業者の間で締結する契約書に記載されている現場の範囲となります。

  • 解体工事の工程表

    解体工事における工程はどのような感じで進むのでしょうか?一般住宅の工程の例です。

  • 古屋を解体して売却するかそのまま売却するかどちらがお得?

    今、あなたが一軒家に住んでいるとします。築50年のかなり古い建物で、ここを土地ごと売って、郷里に帰ろうとしています。そんな時、古屋を壊して土地を更地にしてから売るのがいいのか、それとも古屋ごと売ってしまったほうが得なのか、考えてみたいと思います。

  • 解体工事における建築リサイクル法について知っておくべきこと

    解体工事に関する法律として必ず耳にするのが「建築リサイクル法」です。この「建築リサイクル法」とは正式には平成14年5月30日に施行された「建築工事に係る資材の再資源化に関する法律」のことで、解体工事をするときの事前届け出が義務化されています。

  • あなたが頼んだ業者は大丈夫?不法投棄で解体業者役員5人逮捕

    先日、東京都八王子市で解体工事の廃棄物を不法投棄した疑いで、解体業者の役員ら5人が逮捕されるというニュースが流れていました。これまで、当サイトでも何度となく注意を呼びかけていましたが、残念ながらこういった悪徳業者が多く存在するのが解体工事業界です。

  • 地元の解体業者に頼むのが一番いいと思っていませんか?

    解体工事に限ったことではないかもしれませんが、どうせ工事を依頼するのであれば地元の解体業者にしたいと思う方も多くいるかと思います。地方にお住まいの方ほどこのように考えやすい傾向がるようです。しかし、一概に地元でありさえすれば安心で信頼ができ、なおかつ安く工事ができるかというとそうでもないケースが少なからずあります。

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る