お役立ち情報その3

解体業者にもよりますが、良心的な解体業者は、その工事の細かな日程を定めた「工程表」を作成してから工事に取り掛かります。

その建物の規模にもよりますが、一般的な住居であれば概ね1週間程度の工程表が作成されます。

例えば、1週間の解体作業の工程は次のようになります。

まず、一日目に養生シートを設置し、解体物を覆います。

同日中に障害物を取り除き、重機を搬入し、建設設備等の手壊しを行います。

二日目には、屋根部分や内装、畳や建具などを取り払います。

そして、3~5日目に重機で外装部分、建物の構造部分を解体し、廃棄物の搬出を行います。

さらに、廃棄物を種類ごとに仕分けし、それぞれの産業廃棄物リサイクルや処理場へ運び出します。

そして最後に基礎部分の工事をし、コンクリートの塊などを運び出します。

建築物の基礎は、地中の奥深くまで埋まっていますので、これらも撤去しなくてはなりません。

全ての撤去が完了したら、養生シートを取り払います。

そして、建築物がなくなった土地を整地したり、最後に清掃をして、依頼主に確認をしてもらい、OKとなれば引渡しで完了です。

以上の流れが一般的な解体工事の流れとなりますが、工事の途中で有害物質が出てきたり、なんらかの見直しが必要になる場合もあり、そのような場合にはさらに工期が延びることとなります。

現場での事故や様々なトラブルに対応できるように、常に人員面でも工期面でも余裕を持った設定が大切です。

依頼主は、解体工事の費用に関しても、急なトラブルに慌てないよう余裕を考えておいた方がいいでしょう。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る