お役立ち情報その3

解体工事とひとことで言っても対象となる建物は様々です。

家屋の大きさもそうですが、建材や建物の構造もまちまちです。

一般住宅の場合は、ほとんどが木造住宅となります。

文字通り、家の躯体が木でつくられているので木造住宅と呼ばれるのですが、木造住宅といっても様々な工法があります。

古くからの日本の伝統的な工法である木造軸組工法は、梁や柱で家の骨組みを形成します。

西洋の木造住宅の工法である「2×4」と呼ばれるものや、「パネル工法」といって、木で出来たパネルそのもので家の基本構造を形成するタイプの住宅も最近では増えています。

木造住宅の場合解体工事費が比較的安く済む傾向にありますが、パネル工法などは解体に手間がかかる場合がありますので、家の構造をしっかりと把握したうえで信頼のおける解体業者から見積を取るようにしましょう。

鉄骨造りの建物は、一般住宅で採用されているケースもありますが、比較的大規模な建物でこの工法が採用されています。

木造住宅にくらべると、坪あたりの解体工事費用は多少高くなる傾向にありますが、建物の躯体が鉄でできているために、解体後にこれを鉄スクラップとして売却できるというメリットがあります。

ただし、鉄スクラップの買い取り価格は相場の変動が激しいので、そのメリットを享受できるかどうかは、その時の運しだいといった部分もあります。

大規模なビルやマンションに採用されているのが鉄筋コンクリート造りです。

建物の規模が大きいことが多いために、一般の住宅解体とは施工方法がまったく異なるケースも多く、坪当たりの解体費用も木造や鉄骨造りの建物と比較して高額になります。

また、大規模が工事となることが多いために、一般住宅専門の小規模な解体業者では対応できないケースもありますので、解体工事の依頼の際は事前に解体業者に確認をしてみるようにしましょう。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る