お役立ち情報その3

解体工事を行う際には、現場で出た廃棄物を処分する業者が適切に処理したかどうかを証明する、マニフェストが必要になります。

マニフェストは別名「産業廃棄物管理票」とも呼ばれます。

これは、運搬を請け負う者から、最終処理を行うまでの一連の流れを確認できる重要な書類になります。

社会問題にもなっている産業廃棄物の不法投棄などを防止するためでもあるので、業者任せにせずに、必ず自分の目でも確認しておくようにしましょう。

7枚つづりの書類で、様式が決まっています。

また、1件1件確実に確認ができるように、交付番号が入っています。

解体工事におけるマニフェストは、最低5年間は各業者が保存しておかなければいけません。

依頼主は廃棄物の適正処理を確認するために、7枚つづりの中のE票と呼ばれるもののコピーを必ずもらうようにしてください。

このE票には、収集運搬者のサインと、中間処分業者の受領印、最終処分がなされた日付印の押印がされています。

これらの印がすべて押されていることで、正しく処理されたことが確認できるようになっています。

もし、マニフェストのことをごまかしたり、E票のコピーの提出を拒むような解体業者がいたら、不法投棄をする業者の可能性がありますので絶対に工事を発注しないようにしてください。

もし解体業者が不法投棄をした場合、工事を依頼したあなたも罰せられるケースもあるので要注意です。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る