お役立ち情報その3

解体工事の金額は安くても数十万円、高ければ数百万円にと高額になりますが、解体工事の資金調達は意外に難しい面があります。

家を建てる時には住宅ローンがありますので、仮に数千万円の借入であったとしても、家そのものが担保設定されるために、ある程度の収入のある方であれば借り入れをすることが出来ます。

車のローンにしても同じです。

車そのものが担保となるので、数百万円の借入でも割とすんなり審査が通ったりします。

しかし、解体工事の場合は、家を担保にするどころか家そのものがなくなってしまうために、担保になり得るものがありません。

したがって、解体工事の資金を銀行で借入しようと思っても、なかなか融資が下りないようです。

金融機関が貸してくれないのであれば、解体業者がローンを組んでくれるかと言ったら、まずそれもあり得ません。

ほとんどの場合は、工事が終わった後に現金で全額支払いを済ませなければなりません。

ただごく稀に、解体業者が善意で月賦を組んでくれることはあります。

もちろんローン会社と提携しているわけでもありませんし、担保も何もありませんから、完全に個人を信用して貸し出しとなります。

解体業者にしてみれば、かなりリスクのあることですので、なかなかやってくれるところはありませんし、仮にやってくれたとしてもリスクがある分工事代金もかなり高めになってしまうことが多いようです。

家の建替えの場合には解体費用も住宅ローンに含めてしまったりすることがあるようですが、本来のローンの目的ではないので、金融機関がすんなりそれを認めてくれない可能性があるため、住宅メーカーなどがうまく新築の見積もりに含めてしまったリするようです。

また、解体後更地にして売却予定であれば、土地が売れた後に、その資金をもとに解体工事をするのが一般的です。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る