お役立ち情報その3

解体工事を依頼する際に、よく優良業者を選びましょうといわれますが、そもそも優良解体業者とはいったいどのような基準で判断すればいいのでしょうか?

優良解体業者の反対語は悪徳解体業者ということになりますが、実は解体工事業界は悪徳業者が非常に多いために、「優良」という意味の位置づけがやや甘くなります。

たとえば「不法投棄をしない」「きちんとした見積もりを出してあとから不要な追加請求をしない」といったごく当たり前のことが出来れば、それだけで優良解体業者のカテゴリーに入ってしまいます。

特に不法投棄に関しては、重大な犯罪ですし、施主さんまでも刑罰の対象になりますので、十分に注意をしなければなりません。

建物の解体を完了した後に、きちんと正式なルートで産廃を処分したことを証明するマニフェストのコピーをもらえるかどうか、事前に解体業者に確認するようにしましょう。

ひどい解体業者になりますと、マニフェストの存在すら知らないケースもありますので要注意です。

そして、不法投棄の次にトラブルになりがちなのが、見積もりの解釈の相違です。

一式で金額だけ書いてあるような見積をもらっても、どこからどこまでが工事代金に含まれるのか不明確ですと、あとで支払の際に追加請求などでもめることになります。

見積もりをもらう際は、必ず詳細な明細を付けてもらうようにしましょう。

たとえ安くても、詳細な見積もりを出さない解体業者に工事を発注するのは、やめたておいた方が無難です。

最初に安い金額の見積もりを出しておいて、あとから高額な追加請求をする悪徳業者が実際にいるからです。

あと、ネットなどを使って見積もりを取得する際に、実際に解体業者に会わずに郵送で送ってもらうという方もおられるようですが、やはり実際に解体業者にあって、自分の目で人柄や対応を判断することが重要になります。

自分で優良解体業者を探すことが難しいとお感じの方は、全国解体業者サポート協会までお気軽にご相談ください。

協会が厳選した全国150社以上の優良解体業者の中から、あなたの地域や建物の条件にあった業者を紹介することが可能です。

 

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る