お役立ち情報その2

解体工事を行うまでには十分な余裕を持って解体業者選びをしたいものですが、逆に工事着手まであまりにも長くかかりすぎるというのも問題があります。

建物が古くなりすぎてボロボロの廃屋のようになってしまうと、解体工事の費用が割高になってしまう場合があるからです。

解体工事は通常の場合、重機を使った作業と職人さんが手作業で解体して廃材を分別する作業を並行して行います。

柱や床がボロボロになってしまった建物では、解体をするため建物内部に入ったり屋根に上ったりするのは大変な危険をともないます。

そのため安全確保のために足場を組むなどの作業が必要となり、そのぶん余計に解体工事の期間や費用がかかってしまうのです。

また、建物の一部が腐食して崩れていたりすると廃棄物の分別に手間がかかり、処理費用が大幅に跳ね上がってしまいます。

建築リサイクル法の施行前のように重機で一気にミンチ解体を行ってしまうのであれば問題はなかったのですが、現在では廃棄物はきちんと分別して処理をしなくてはいけません。

ボロボロな家で簡単に壊せるから安く済むだろうと考えるのは、大きな間違いです。

ボロボロな家ほど、解体費用が高くつく可能性があるということを知っておいた方がいいと思います。

建物というのは人が使用しなくなくなってしまうと大変なスピードで老朽化が進みます。

また今後人が住む予定のない家屋を放置しておくと、勝手にホームレスが住みついてしまったり、火災の原因になったりします。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る