お役立ち情報その2

解体工事は、一般的には古くなった家屋を新築に建てなおすときに行われます。

基本的には、以前の家屋を壊して、更地にして新しい建物を建てていきます。

しかし、解体工事の中には、「壊す」解体ではなく、「移設」のための解体工事もあります。

移設のための解体工事とはいったいどのようなものでしょうか?

一般に建物を移設することを「移築」といいます。

現在ある場所から別の場所に建物の場所を変えるわけです。

移築には二種類の方法があり、そのままの状態で運んでいく曳家という方法と、解体してもう一度組みなおす方法です。

その性質上、移築を行うのは歴史的に価値のある建物が多いようです。

最近は、ロハス人気の高まりを受けて、古民家を移築して住むのがブームになっているようです。

移築を行うために解体工事を行う場合、通常の解体工事とは全く異なる方法で作業を進めなければなりません。

解体した構造材は、もう一度使用することになっているからです。

しかも古民家などを移築する場合、構造材は木組みで作られていますから、どの材がどこの部分を構成しているのかが分からなければなりません。

ナンバリングなどを行って、再現が可能であるように注意しながら解体していきます。

解体中に、木材が朽ちていたり、再利用が出来ないことが明らかであれば、その部分は新しい材料で補うことになります。

ほとんどの材料を再利用するために、産業廃棄物が出ることがありません。

この移設のための解体工事は、通常の解体業者ではなく、移築のノウハウを持っている専門の業者に依頼する必要があります。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る