お役立ち情報その2

一口に建物の解体工事と言っても様々な解体手法があります。

ここでは、その解体手法のいくつかを紹介していきましょう。

日本の建物を解体する際に現在最も一般的に行われているのは「機械壊し」と呼ばれる解体手法です。

この機械壊しとは、パワーショベルなどを使用して少しずつ建物を壊していく方法です。

パワーショベルの先にはハサミのような特殊なアタッチメントが付けられていて、着実に少しずつ解体していくことが出来ます。

日本は周辺に他の建物が隣接しているケースが多いので、このように慎重に解体の作業が進められていきます。

また、リサイクル法により産業廃棄物の分別回収が義務付けられていますので、重機で一気に壊すミンチ解体と呼ばれるやり方は禁止されています。

パワーショベルが入れないような狭い敷地での解体工事は、手壊し解体といって、職人さんが手作業で解体する手法がとられます。

非常に手間暇がかかるやり方のため、機械壊しにくらべて5割程度コストアップになるようです。

これに対して、アメリカなどでは大規模構造物を一瞬で破壊する爆破解体が行われています。

これはダイナマイトを使用して構造物の過重負担部分を切断することで建物を解体する手法です。

爆発というと、外に向けて爆風が広がるようなイメージがありますが、爆破解体は産業廃棄物の飛散を避けるために内部崩壊スタイルで解体される場合がほとんどです。

日本でも幾つかの実施例がありますが、技術的にも規制の面からも制限が厳しいため、一般的にはなっていません。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る