お役立ち情報その2

一般の方が解体工事を実際に目にする機会は少ないと思いますが、現場ではどのような機械が使用されているのかを確認してみましょう。

現在解体工事の現場で主に活躍している機械がバックホーと呼ばれる油圧ショベルです。

通常はスコップのようなバケットが付けられている先端の部分を、ハサミのような解体専用のアタッチメントに変更することで効果的に解体工事を行います。

木造家屋の場合、バックホー一台で解体工事が済んでしまうこともあります。

もっと大掛かりな構造物の場合、高所解体専用機を使っての解体が行われます。

これはハイリフトなどと呼ばれる長いブームを持ったバックホーで、解体作業専用の機械になっています。

機種によっては40mものブームを持っており、ビルなどの大型構造物の解体に使用されています。

一般的なバックホーにしても、ロングブームをつけた重機にしても、アタッチメントには油圧式のツメを付けて解体作業を行います。

このツメの部分も色々な種類があり、単純にハサミのように掴んで解体を行うだけのものや、鉄骨を切断しながら解体できるものなどが揃っています。

解体作業では、上記のような破壊用重機とともに廃棄物を搬出する車両が必要になります。

大掛かりな解体工事になると、10tダンプが一日に何度も現場を往復することになります。

小さな現場では2t、4tダンプがメインとなります。

これらの解体のための機械は非常に高額ですが、しかし人力で解体をする場合の何倍もの作業をこなしてくれますので、しっかりとコスト削減につながります。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る