お役立ち情報その2

これから解体工事を計画されている方が気になることの一つに、解体業者への支払方法があると思います。

一般住宅の解体工事に掛かる費用は家の大きさや条件によって異なるので一概には言えませんが、安くても70~80万円、高いときには200万円以上になることもあり、非常に高額です。

高額ゆえに、支払方法が気になるのは当然のことです。

解体業者によって契約の形態が異なりますが、最も一般的なのは、解体工事が終わった段階で全額を一括で支払う方法です。

また、工事に入る前に費用の半分、あるいは3分の1程度を支払っておき、工事完了後に残金を支払う方法も割と一般的です。

やはり、解体業者さんにしてみれば、工事が終わってお客様がお金を支払ってくれなかったら困るというつねに不安がありますので、手付金という形での3分の1程度の支払を求めることを非難することは出来ません。

いずれにしましても、共通しているのは、すべて現金で支払っているということです。

100万円を超える支払いを現金で支払うというのは、現実的には大変なことだと思います。

たとえば同じ規模の買い物として新車の購入がありますが、こちらはローンで買うほうが圧倒的に多いですね。

「なら解体工事費用もローン払いできるようにしたらいいんじゃないの」という声も出そうなものですが、現実にはローン会社で解体工事用にローンを組んでくれる会社はほとんどありません。

家の建て替え時には、新築費用と合わせる形でローンを組むことがあるようですが、これは新築の費用に解体の費用をもぐりこませているわけです。

ある意味裏ワザといえますが、それをローン会社が認めているわけではありませんのでご注意ください。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る