お役立ち情報その2

解体工事を依頼する際の、契約までの流れについて説明します。

解体工事を依頼する場合には、まずインターネットや電話などで現地調査と見積もりを依頼することから始まります。

できれば現地を見てもらったうえで、具体的な見積金額を出してもらった方がいいです。

複数の業者からの解体工事の見積書がそろったら、見積書の項目について不明な点がないか、などを全て確認し、業者と何度かやりとりをすることになるでしょう。

この際に、できるだけ親切で誠実な対応をしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。

単に値段だけで解体業者を決めてしまうと、あとあとの対応で後悔することもありますので、やはり人柄は重要です。

最終的にお願いしたい業者が決定したら、現地に一緒に行き、細かな打ち合わせや確認などを行います。

そのうえで、双方が納得したら「契約書」の締結となります。

契約書には、解体工事の内容の範囲や、料金、責任事項などについて細かな記載がありますので、不明点があれば業者に確認し、すべてクリアーにしてから押印するようにしましょう。

契約書の締結が完了すると、実務に入ります。

解体工事を実施するにあたっての法的な手続き書類の確認や、具体的な施工計画書の作成に入ります。

また、最終的に出る「産業廃棄物」やリサイクルについても、きちんと法律にのっとって処理が進められるのかどうか、信頼できる業者なのかどうか確認が必要です。

出来る限り事前の不明点をなくし、業者と信頼関係を築くことができれば、工事がスムーズに進むでしょう。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る