お役立ち情報その2

建替えに伴う解体工事の多くは、大手住宅メーカーが一括受注して行います。

施主さんにしてみれば、発注の手間が一度で済むのと、大手メーカーだから安心だろうと思いがちですが、実際には下請け孫請けの解体業者に外注するため、コスト的にはとても割高になります。

ハウスメーカーは、自社の下請解体業者が施主から直接工事を請けることを大変嫌います。

施主が直接解体工事をお願いしようとしても、ハウスメーカーにばれるのを恐れて、ハウスメーカー経由での発注を希望したりするケースもあります。

しかし、施主の立場からすればハウスメーカーに一括発注の場合コストアップになってしまいますので、ちょっとしたもめごとになる場合もあるようです。

もちろん、施主さんが直接解体業者に発注する分離発注は、メリットばかりではありません。

うっかり悪徳業者に発注してしまって不法投棄をされる可能性もありますし、契約の手続きも住宅メーカーと解体業者別々になってしまって、わずらわしいというデメリットもあります。

ポイントとなるのは、そういったデメリットを考慮しても、なおかつ解体業者直接に発注した場合のコストダウンのメリットがあるかどうかですね。

5万円~10万円程度の差ならば、住宅メーカーに一括発注してしまった方がいいと考える人は多いと思いますし、それが30万円とか40万円違ってくるとなると、分離発注を考える人が多いと思います。

いずれにしましても、そういったメリットとデメリットを十分に検討したうえで、自分自身がベストだと思う発注方法を検討してみてください。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る