お役立ち情報その2

解体工事を業者に依頼したいと思ったときは、事前に見積もりを取ることになります。

解体工事は高額な費用がかかりますから、しっかりとした解体業者から見積もりを取って、十分納得したうえで工事を発注したいものです。

それでは、見積もりを取るときの注意点を考えてみたいと思います。

これは非常に大切なことですが、基本的に見積もりは複数の解体業者から取ってください。

いわゆる相見積もりです。

ただし、発注する気もないのに、本命の解体業者の見積もりを下げさせるためだけに別の業者から見積もりを取る(いわゆる当て馬というやつです)のは、モラル違反ですし、それが発覚しますと一生懸命見積もりを作成してくれた業者さんはものすごく傷つきますので、絶対にやめましょう。

基本的には複数の見積もりを取得して、その中から安い業者を選んで発注すればよいわけですが、実はここに大きな落とし穴がある場合が少なくありません。

実際に解体に入ると、見積もりに入っていない費用を請求されることがあるからです。

A社よりB社の方が、総額費用が安かったのでB社に解体をお願いしたものの、B社の見積もりには、庭木や外溝などの付帯工事が含まれておらず、追加で依頼したら高額な請求になった…というケースもあります。

くらべる時には、総額費用だけでなく「何が含まれているのか」、「何は含まれていないのか」を把握するようにしてください。

もし質問を嫌がるような解体業者がいましたら、そこに発注することはやめた方が無難です。

複数の解体業者から見積もりを取得するのは大変だと思われる方は、全国解体業者サポート協会までご相談ください。

協会に加盟の優良解体業者を最大3社まで無料で紹介させていただきます。

 

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る