お役立ち情報その2

解体工事を依頼するとき、着手までの期日には十分に余裕を持たせておくことが大切です。

というのも、必要書類をそろえて届け出から着工までにある程度の時間がかかるのと、解体工事には工事が集中する季節があるため、解体業者が忙しくて手が回らず思うように工事が進まない状況もあり得るからです。

解体工事が手中する時期とは、年の変わり目である12月や年度の変わり目である3月です。

建物にかかる固定資産税は毎年1月1日を賦課期日とし、この日に所有している土地や家屋に対して算定されます。

ですので、不要な建物については年内に処分しておいた方が節税となるため、12月には解体工事が集中しやすくなります。

また年度末である3月には、年度内に古い建物を解体し、新規年度から新しい店舗で営業を開始したいと思うお店などからの工事が集中したりしますし、公共工事がメインと解体業者ですと日本のお役所の悪しき風習である予算消化のための工事が増えます。

また、最近多いのが学校施設などの耐震工事に伴う解体工事です。

これは夏休み期間中に行うことが多いようです。

公共工事をメインでやっているような解体業者ですと、この時期も忙しい可能性がありますが、それ以外の解体業者は一般に夏は暇なことが多いようです。

その他、豪雪地帯の解体業者の場合は冬の間、除雪の仕事を請け負っていたりしますし、基本的に雪が積もってしまうと解体工事はできません。

忙しい時期に短い納期で解体工事をお願いしてしまうと、人手不足のため外注で人を雇ったり、重機が足りなくなってリースで手配をしたりして、解体工事の金額が割高になってしまうことがあります。

できるだけ丁寧に安く仕事をしてもらうためにも、解体工事の期日にこだわりがない場合にはきちんと解体業者と日程のすり合せをして、暇な時期に工事をお願いするのが賢いやり方だと思います。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る