お役立ち情報その2

解体工事にかかる費用は「何を」、「どの位」、「どのような方法で」撤去するかによって大幅に変わってきます。

では、解体工事に掛かる費用の内訳について考えて見ましょう。まず、解体工事の基本料金とも言える部分は坪単価によって決まります。

これは、一坪辺りの解体作業に幾ら掛かるかということですね。

ちなみに坪単価は解体する建物の種類によって異なります。

木造などは比較的坪単価が安く、鉄筋コンクリート造などの解体しにくい建物は坪単価が高くなります。

この坪単価に解体する建物の坪数を掛けたものが基本料金ということになります。

しかし、解体工事には様々な要素が関係してくるので、一概に坪単価だけで費用を算出することはできません。

例えば、ブロック塀などのエクステリア撤去、浄化槽などの地中埋埋設物撤去などの費用が付帯工事費として加算されていくからです。

さらに、住宅が密集している地域では、近隣に迷惑を掛けないように防塵シートを使って養生しますが、その架設費用なども加算されます。

加えて、解体する家屋の周囲に十分なスペースがない場合、重機やトラックを入れることが出来ないときがあります。

そうなると、手作業で解体したり運搬しなければならず、費用がぐっとかさんできます。

また、工事の時期に関しても注意が必要です。一般的に建設業界は年末から年度末に掛けて忙しい時期を迎えます。

この時期は費用が高くなったり、値引き交渉が出来なかったりする場合があります。

解体工事の費用は、こうした諸々の事情を勘案して決められていくのです。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る