お役立ち情報その2

解体工事の目的の大部分は、家の建て替えや更地にして売却など土地の再利用のためです。

解体工事そのものは、老朽化した建物を解体し、発生した廃棄物を適正に処分することで完了しますが、その後の整地も考慮に入れる必要があります。

解体後の土地の利用目的によって整地の仕方も変わってきます。

特殊な整地のやり方でなければ、基本的には解体業者が家を解体後そのまま整地を行います。

その場合、整地に関する費用は解体料金の中に含まれており、とくに追加の心配をする必要はありません。

ただ、整地の内容によっては別料金がかかる場合もあります。

たとえばアスファルト舗装や砕石舗装などです。

解体工事後の土地を駐車場として再利用する場合によくあるケースです。

その際にはどの程度の費用がかかるのかを事前に確認し、見積の項目に入れてもらうようにしましょう。

場合によっては、解体業者が整地を行うよりも、専門の土木業者に任せた方が安く済むケースもありますので、別途見積を取得してもいいかも知れません。

何社も工事会社と契約するのが面倒だというのであれば、そのまま解体業者に一括発注してしまっても問題ないと思われます。

また、アスファルト舗装や砕石を敷かなくても、解体後に土地が低くなってしまって盛り土や土止などが必要になる場合がありますが、盛り土の料金は基本的に別途となりますので注意しましょう。

このように、解体工事は建物を解体・処分するだけでなくその後の土地の再利用のことも念頭に置いた上で予算を計上し、解体業者への依頼を行うようにしましょう。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る