お役立ち情報その2

老朽化した建物を解体し、家を新築する場合には解体工事と新築工事と2つの工事が必要になります。

そのためそれぞれを別の業者に依頼するか、一括で依頼するかの選択も必要になってきます。

一括に依頼することができるのは大手のハウスメーカーや工務店などです。

一括発注の場合、下請けの解体業者に工事を依頼することで一貫した作業が可能になります。

面倒な手続きがなくひとつの業者に依頼するだけで済むこと、近所への挨拶もまとめて行うことができる点などにメリットがあります。

一方別に依頼する分離発注場合には、それぞれ最適な業者を探して依頼・契約しなければなりません。

その分手間がかかりますし、解体工事と新築工事の日程もうまく調節する必要があります。

確かに面倒に感じるかも知れませんが、逆にメリットもあります。

通常は分離解体の方がトータルの費用がずっと安くなります。

ハウスメーカーや大手の工務店に一括して依頼した場合、下請けが作業を行うことで中間マージンが発生し、その分どうしても費用が高くなってしまうのです。

どれぐらい違ってくるのか業者によっても異なってきますが、一般的には2~3割以上の差が出てくると言われています。

場合によっては5割以上違ってくるケースもあります。

解体業者直接だと100万円で済む解体費用が、ハウスメーカー経由だと150万円程度になる場合も少なくありません。

一括発注と分離発注、それぞれのメリットとデメリットを考えてご自身に合った発注方法を選択してみてください。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る