お役立ち情報その2

解体工事では、基本的には家屋を取り壊すことが主になりますが、それ以外に解体業者にやってもらえることがあります。

たとえば、粗大ゴミなどの処分です。

業者によっては、家のなかでそのままになっているテレビや冷蔵庫といったものも、不用品として一緒に処分してもらうことが可能です。

ですから、事前の準備として片づけをしようと考えている人は、まずは業者に相談をしてみることをオススメします。

その段階で、残しておいても問題がないものがわかるからです。

もちろんゴミの処分費は別途費用が掛かります。

おおよそ4tダンプ1台あたり8万円程度の費用が掛かると思ってください。

それ以外にも、庭にある植木や置石、花壇といったものなどを処分してもらうことも可能です。

また建物はそのままで庭だけを整地したいという依頼でも受けてくれる業者も多いです。

解体工事後の整地は、単に整地をするだけならもともとの見積金額に含まれますが、盛り土をしたり、アスファルト舗装や砕石舗装などを頼む場合には、やはり別料金がかかることになります。

これらは事前に解体業者に相談するようにしましょう。

また、工事が始まる前には、騒音などで迷惑がかかるので近隣住民への挨拶がかかせません。

自分自身であいさつ回りをすることも大切ですが、作業の説明を兼ねて解体業者と一緒に行くことをお勧めします。

もちろん、ほとんどの解体業者は快く無料で引き受けてくれるはずです。

また、行政への書類の提出を代行してくれる解体業者も多くあります。

たとえば、資材の再資源化に関する建設リサイクル法届出書や、騒音や振動が出ることを事前に申し出なければいけない特定建設作業実施届出書の提出などです。

解体工事の見積を取得する際には、単に値段だけでなく、こういった細かなサービスをどれだけやってもらえるかといった点も、十分考慮する必要があります。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る