お役立ち情報その2

解体工事にかかる費用についてあらかじめしっかりとした見積りをとっていた場合でも、やむを得ず解体工事中に追加の工事費用が発生することがあります。

事例として最もよくあるのが、地中に障害物が発見されてしまったときです。

地中障害物とは、地盤補強のためのパイルや地中配管など掘り返してみて初めて存在が発覚する埋設物のことです。

解体工事の見積書には大抵の場合、「地中障害物の撤去費用は別途」と但し書きがついています。

解体工事の見積もりで行われる現地調査は地上の状況の確認なので、地中埋設物を見積りの段階で発見するのは大変難しいことです。

工事をしてみなければわからない、というのが解体業者の本音だと思います。

解体工事の途中でこの地中障害物の存在が分かった場合には、改めて撤去のための見積もりを依頼してください。

逆に、あらかじめ地中に埋設物があることがわかっている場合には最初の解体工事の見積もりの段階で申告しておくことで、正確な金額や解体工事期間を提示してもらうことができます。

その他にも、残念なことに以前に解体工事を行った業者が廃棄物を地中に埋めたまま放置していったというケースもよく報告されています。

解体工事を行った後の土地に新たに建物を建てる際、地中に産廃などが放置されたままでは地盤が弱くなり、地震が起きた場合に大変危険な状態になります。

自分の家を建替えするときだけではなく、更地にして売却するときでも、地中の埋設物・障害物はきちんと撤去しておかなければいけません。

最悪の場合、買主が建てた家が傾いたりした場合、莫大な損害賠償を請求される可能性があります。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る