お役立ち情報その2

建物を建てる時の手抜き工事というのはイメージしやすいと思います。

基礎の鉄筋の数を減らしてしまったり、筋交いの留め金具を省略してしまったり、保温材を入れなかったり、といくらでも項目を挙げることができます。

それでは、解体工事において手抜き工事とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

もっとも多いのが「ミンチ解体」と呼ばれるものです。

本来廃棄物は種類によって分別して処分しなければならないのですが、仕分けをせず重機を使って一気に建物を解体してしまう方法です。

これは単なる手抜きというよりも法律違反です。

産業廃棄物の分別・再資源化は建設リサイクル法によって義務付けられていることなので、これに違反をした場合は当然のことながら罰則の対象になります。

産業廃棄物を分別して処分することは解体工事の費用の大きなウエイトを占めますから、もし見積り金額が異常に安い解体業者の場合、ミンチ解体をする可能性があります。

もちろん、ミンチ解体された廃材は分別されていませんので、通常の処理場に運び入れることはできませんので、不法投棄をすることになります。

また、不法投棄で特にひどいのが、解体工事を行った現場の地面にそのまま埋めてしまうという極めて悪質なケースがあります。

解体工事が終わり土地を引き渡してもらったあとで、新しく建物を建てようと建設作業を始めようとしたところ、地面にコンクリートや鉄の塊が埋まっていたというケースもあるのです。

もしそうなった場合、土地の買主から莫大な損害賠償を請求されかねませんので十分に注意してください。

解体工事による産業廃棄物が適切に処理されたかどうかは、工事後にマニフェスト(産業廃棄物管理票)がきちんと処理されたかどうかによって調べることができます。

解体工事を依頼する前には、必ず解体業者にマニフェストを出してもらえるかどうか確認をしておきましょう。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る