お役立ち情報その2

解体工事の依頼は、単純に古くなったから取り壊してくれというケースばかりではありません。

たとえば、火災にあった残骸を取り壊す作業などもあります。

もし火事にあって、家を取り壊さなければいけなくなったという場合は、消防署から罹災証明を受け取る必要があります。

これは清掃局に残骸の処理を依頼する際にも必要ですし、保険の申請、固定資産税の減免にも必要になってくるものなので、必ず受けるようにしなければなりません。

まずは消火活動をしてくれた消防署に行って、用紙に必要事項を記入してハンコを押せば、すぐに罹災証明を出してくれます。

固定資産税の減免を申し出る場合は、この書面を市区町村に提出した後に現地調査が行なわれることになるのです。

別の、特殊な解体工事ケースとして、神社仏閣の解体工事があります。

たいていの解体業者はこういった建物の解体工事をいやがります。

普段、神様や仏様を信じていない人でも、なぜかこういったときだけにわか信者になってしまうようです。

もちろん事前にきちんとお祓いやお浄めをした後で解体をすることになるのですが、それでもなんとなく気味が悪いというのが解体業者の本音だと思います。

神社仏閣は特殊なケースですが、一般の家屋を取り壊す場合でも、神棚や仏壇が備え付けてあるケースは非常に多いです。

神棚などがある場合はお払いが必要になりますし、仏壇が残っている場合は魂抜きをしてもらうことになります。

解体前に祭儀を行って、安全を祈願するケースもあります。

これらの費用は当然ですが解体工事そのものの見積範囲外ということで別料金になります。

また、井戸がある場合もお払いをしてもらうのが通例です。

同様に古い大樹などがある場合も、お払いをしてもらうこともあります。

なかには他の場所に移したり、そのままの状態で残しておくこともあるようです。

お役立ち情報 TOPへ

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る