施工事例

施工前施工後

建て替えのお客様だが、今回解体の建物は更地にして売却する予定で、別の場所に家を建ててすでに済んでおられます。

当初、資料のみでの仮見積もりを希望されていましたが、実際に解体業者さんにお会いして、その人柄に触れたほうが確実な業者選びが出来ることを説明すると、ご納得いただけたようで立ち会い見積となりました。

3社ご紹介させていただきましたが、お客様が選んだ解体業者は最安値の業者ではなく、値段的には真ん中の業者でした。

やはり、立ち会い見積をすることによって、お客様も値段以外の部分を加味して業者選びをされたのだと思います。

お客様にうかがったところ、業者さんのフレンドリーな感じが良かったとのことです。

やはり、解体工事は一生に何度も経験するものではないですので、人柄重視での業者選びをして、安心して解体工事を任せるというのも一つの選択肢だと思います。

今回は、建屋内に残された残置物が非常に多く、事前に見積に含めることが難しいため別途の実費清算をすることになりました。

実際にダンプにゴミを積んだ状態で写真を撮影し、そのダンプの台数分だけ請求させてもらうという、ちょっと変わったやり方になりました。

工事自体はまったく問題なく終えることができ、業者さんよりお客様にマニュフェストと取り壊し証明書をお渡しして無事に完了となりました。

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る