施工事例

施工前施工後

今回のお客様は、それほどお急ぎではないお客様で、当協会にお申込みされてから解体工事が完了するまでの期間が半年ほどになりました。

最初は、家の解体にどの程度の費用がかかるのか大まかに知りたいということだったので、あえて立ち会い見積はおすすめせずに、資料と写真をもとにした仮見積を3社より提出させていただきました。

お急ぎでないということなので、解体業者さんがあまり忙しくない閑散期を狙って本見積を依頼すると、結構安い見積が出てくるかも知れないというアドバイスさせていただきました。

その後、仮見積もりをした解体業者さんの中から本見積をしてもらう業者さんを選びたいとのお話をいただきました。

仮見積もりの金額は、3社とも最大で15%程の開きしかなく、お客様もどの解体業者さんに本見積を依頼したらいいか迷っておられるようでした。

お勧めの業者はどこですか?

と聞かれましたが、協会としましてはあくまでも中立な立場での業者紹介を信条としておりますので、特定の業者さんに肩入れすれわけにはいきません。

結局お客様は、値段が一番安くて、お客様のお住まいから一番近い業者に立ち会い見積の作成を依頼することになりました。

立ち会いによる本見積の結果、仮見積もりより5万円ほど高くなってしまいましたが、これは仕方のないことです。

写真と資料だけで見積をする仮見積もりの場合、どうしてもアバウトになってしまいがちですので、実際に現場を見て見積を作成した場合の金額と異なってしまうことはよくあります。

仮見積もりよりも安くなる時もあれば、高くなる時もあります。

ですから、確実な見積金額を知りたいという場合は、資料による仮見積もりではなく、実際に現場に立ち会って業者さんに本見積を出してもらった方がいいと思います。

このようなことでお悩みではありませんか?

解体工事を、どこに頼んでいいのか全く見当がつかない。

今住んでいるところと解体する建物の場所が別の県なので業者探しがうまくいかない。

業者にいくつも見積を取った後でお断りの電話をするのは気が引ける。

変な業者に依頼してご近所さんとトラブルになるのは困る。

直接電話で依頼しようにも、いきなり怖い職人さんに家に来られるのは困る。

そもそも解体工事の費用が分からないので、見積もりを見ても安いのか高いのか見当がつかない。

悪徳業者にだまされて高額な解体工事費用や、追加工事代金が発生しないか心配だ。

解体後に産廃を不法投棄されないか不安だ。

複数の業者に見積もりをお願いしたいが、個人情報を教えて後から売り込みの営業がかかると困る。

まずは、全国解体業者サポート協会にご相談ください!

無料お申し込みフォーム

無料お申し込みフォーム
MENU

解体工事関連NEWS

内装解体無料見積ナビ
全国解体業者サポート協会は
絶対に不法投棄を許しません!
Pocket

ページ上部へ戻る